防犯グッズは組合せで効果も倍増

防犯の上で音が鳴るのは、犯罪者側だけではありません。
防犯用のアラームを鳴らすことによって空き巣が侵入すると大量の音が鳴り響くようにすれば、近所にも聞こえて大変効果的となります。大きな音がなれば、当然ながら周囲の多くの人が注目するので、近所の犯罪を減らすことにもつながります。

また、当然ながら夜に侵入されるときもあります。寝ているときに侵入されると、一番怖いのが鉢合わせです。
犯罪者側も空き巣だけにしようとしていても、万が一顔を見られたら、それ以上の行為に及ぶ危険性があります。その為にも、音を鳴らすアラームは効果的で、誰かが侵入したという危険を知らせるためにも必要なものといえます。

さらに、防犯グッズは組み合わせて使用することで効果も倍増します。玄関や侵入されそうな家と塀の隙間などに防犯カメラを設置するだけでも、侵入を諦めるようになります。わざと見える位置に設置することで心理的に敬遠させることができます。

基本的には空き巣に侵入させないことが第一です。空き巣は先にも述べたとおり、外から下調べをしています。防犯カメラやドアに義を2個以上つけているなど、目に見えて防犯していることが分かれば、この家は防犯意識が高そうだなと思わせることが、最初の防犯対策といえるでしょう。