犯罪の手口を知っておく

多様化する犯罪手口に合わせて、防犯グッズも日々進化してきています。
防犯対策は始めようという気持ちが大切です。「後でいいや」と思ってしまうと、いつになっても始めることができずに、犯罪者への用心深さが薄れてきます。そこを付け込まれてしまうので注意が必要です。
思い立ったらすぐに行動することが大切です。また、防犯グッズを効果的に利用するためには、犯罪の手口も知っておく必要があります。

私たちにとってすぐにでも対処できるのが家の防犯です。家に対しての犯罪といえば、空き巣があります。空き巣は暗闇に乗じてというのは古い発想で、意外かもしれませんが人目が合っても簡単に入られてしまうケースがあります。
単純な防犯という意味では鍵をかけることです。しかし、空き巣で怖いところは、鍵をかけても全く役に立っていないというところです。古い家などの簡単な鍵ですと、ものの数分で開けてしまう空き巣もいます。

ドアの施錠に関していえば、ワンドア・ツーロックは基本といえます。鍵が2個付いているだけで、鍵を開けるのに空き巣は余分な時間を消費しています。
ご自身が仮に空き巣に入ろうと考えるなら、ドアの鍵が1個と2個ではどちらの家を狙おうかとお思いでしょうか。やはり鍵が1個のドアを狙う人がほとんどでしょう。さらに、ドアに2個の鍵があれば「防犯意識も高そうだな」という意識を犯人に見せつけることができます。
オートロックを設置しているマンションが好まれる理由も、こういった防犯対策の意識の高さがうかがえるからでしょう。