防犯グッズは組合せで効果も倍増

防犯の上で音が鳴るのは、犯罪者側だけではありません。
防犯用のアラームを鳴らすことによって空き巣が侵入すると大量の音が鳴り響くようにすれば、近所にも聞こえて大変効果的となります。大きな音がなれば、当然ながら周囲の多くの人が注目するので、近所の犯罪を減らすことにもつながります。

また、当然ながら夜に侵入されるときもあります。寝ているときに侵入されると、一番怖いのが鉢合わせです。
犯罪者側も空き巣だけにしようとしていても、万が一顔を見られたら、それ以上の行為に及ぶ危険性があります。その為にも、音を鳴らすアラームは効果的で、誰かが侵入したという危険を知らせるためにも必要なものといえます。

さらに、防犯グッズは組み合わせて使用することで効果も倍増します。玄関や侵入されそうな家と塀の隙間などに防犯カメラを設置するだけでも、侵入を諦めるようになります。わざと見える位置に設置することで心理的に敬遠させることができます。

基本的には空き巣に侵入させないことが第一です。空き巣は先にも述べたとおり、外から下調べをしています。防犯カメラやドアに義を2個以上つけているなど、目に見えて防犯していることが分かれば、この家は防犯意識が高そうだなと思わせることが、最初の防犯対策といえるでしょう。

防犯フィルムも効果的

ワンドア・ツーロックという考えは玄関のドアに絞るのではなく、ベランダの扉や窓にも利用することができます。
近年は防犯グッズを利用すれば簡単に鍵を増設できるものもあるので、一つ余計に鍵を付けておくと効果的です。玄関に2個の鍵が付いていても諦めない空き巣は当然います。玄関に集中しているので、窓やベランダは手薄になっていると考えることがあるからです。

窓はひとつの鍵が当たり前ですが、そこに2個の鍵が付いていれば、窓から侵入しようとした空き巣にとって、強い衝撃を与えることになります。防犯意識が高いと考えて部屋の侵入を諦めることが容易に想像できます。豪華な鍵でなくとも、簡易的な鍵で十分な効果が見込めます。

また、ガラスを破って侵入する手口に効果的なのが防犯フィルムです。
ガラス破りというのは音が鳴るのでリスクがあります。そうなると短時間で済ませたいと誰もが思います。
しかし、防犯フィルムを取り付けることで、簡単にはガラスが割れなくなり、侵入するのに時間が要してしまいます。時間が勝負の空き巣にとって、侵入するのを断念するには効果的です。
もちろん、ガラスにひびが入ったりしますが、再度狙われる心配はなく、そこまで高価なものでもないので、採用すると安心です。

犯罪の手口を知っておく

多様化する犯罪手口に合わせて、防犯グッズも日々進化してきています。
防犯対策は始めようという気持ちが大切です。「後でいいや」と思ってしまうと、いつになっても始めることができずに、犯罪者への用心深さが薄れてきます。そこを付け込まれてしまうので注意が必要です。
思い立ったらすぐに行動することが大切です。また、防犯グッズを効果的に利用するためには、犯罪の手口も知っておく必要があります。

私たちにとってすぐにでも対処できるのが家の防犯です。家に対しての犯罪といえば、空き巣があります。空き巣は暗闇に乗じてというのは古い発想で、意外かもしれませんが人目が合っても簡単に入られてしまうケースがあります。
単純な防犯という意味では鍵をかけることです。しかし、空き巣で怖いところは、鍵をかけても全く役に立っていないというところです。古い家などの簡単な鍵ですと、ものの数分で開けてしまう空き巣もいます。

ドアの施錠に関していえば、ワンドア・ツーロックは基本といえます。鍵が2個付いているだけで、鍵を開けるのに空き巣は余分な時間を消費しています。
ご自身が仮に空き巣に入ろうと考えるなら、ドアの鍵が1個と2個ではどちらの家を狙おうかとお思いでしょうか。やはり鍵が1個のドアを狙う人がほとんどでしょう。さらに、ドアに2個の鍵があれば「防犯意識も高そうだな」という意識を犯人に見せつけることができます。
オートロックを設置しているマンションが好まれる理由も、こういった防犯対策の意識の高さがうかがえるからでしょう。

防犯の意識

近年、防犯というのはさまざまな形で必要となってきています。
犯罪者は組織化されてきたり、用意周到に標的を定めて計画的な犯行におよんでいます。私たちの日常で身近なところでは空き巣やひったくりといったケースは後を絶ちません。
例えば空き巣被害にあって、よく「盗られるものは何もない」という会話を聞きますが、何も盗られないとはいえ、誰かが侵入しようとしていたのがわかれば恐怖感を抱きます。万が一、空き巣と鉢合わせになった場合は、身の危険にもさらされてしまうからです。何より精神的な被害が常につきまとってしまいます。

どれだけ日本は諸外国から治安が良い国とは言われていても、犯罪というのは減ることはありません。それどころか、どんどん低年齢化していく傾向にあり、凶悪犯罪につながる可能性も秘めています。
これらの現状に対処すべく、自分の身は自分で守るという意識を高めないと、いつ自身が狙われるか分かりません。空き巣などは、衝動的に行動を起こすのではなく、下調べを行っているものです。自分の気づかないところで、犯罪者が息を潜めているかもしれません。
空き巣などに対して、防犯意識の高さを常日頃から身に付けておけば、あえて狙おうとすることはなくなるでしょう。

防犯の手口も多様化している中で、防犯グッズもそれに対応してさまざま物が開発されています。防犯の意識を高めていき、防犯グッズも上手に活用することで犯罪者から身を守ることを心掛けていきましょう。